労働成果の大半

他の男にもう扶養してもらえないキズモノにしたということで『男性の人生・労働成果の大半』を責任感で縛れる ほど価値があった時代と比較すれば、

その価値の下落の度合いは半端なものではない。
婚前交渉が規制されて男女交際がそのまま結婚(責任履行)につながっていた時代には、『自分の妻以外の女性の裸体・性器は全く見ることができない 男ナース求人サイト(女性の性的身体の具体的な比較・劣情が厳しく制約された社会条件)』のほうが圧倒的に多かったというのは・・・・・・、現代では忘れられやすい視点である。
見た目やスタイルが好みだとか何だとかゴタゴタぬかす暇もなく、一人の女性の性的身体と性交渉の機会を得るために、覚悟を決めて相当に若い年齢で 自分の労働者としての人生をほぼ捧げなくてはならなかったため、『対価を支払わない自由恋愛(フリーセックス)』に対しての相互監視の執念と婚外交渉は泥 棒と同じとする欲求不満は凄まじいものがあった。