これも上手い例えだね。

確かに最初の韓流の人は立場は中立
歌手や俳優で評価されてるうえにインタビューでの切り返しも上手い頭のいい人達ばっかりだったから
キチンとした住み分けが出来てたけど

今は売り文句の割りには拍子抜けだし、格安車検インタビューでの切り返しもヘタクソ

例えると
あんこのえらい少ないモナカ。
小さいタコの切れっ端入れただけのたこ焼き
をマスコミが『美味しい。最高だ。かつてない味だ。食え食え』
って無理矢理、消費者の口に押し込もうとしている状態

これじゃあ嫌がる人が出てきて当然
これも上手い例えだね。

俺は第一次韓流ブームは、冷麺やクッパの紹介だったと思う。

これらは日本にないので斬新で面白いわけでね。

第二次韓流はキンバップ(韓国風のり巻き)、醤油にコチュジャンを入れて食べる刺身、ホットドッグのような食べ物を無理矢理奨められたような物だと思う。

胡麻油でギトギトののり巻きなんか食いたくないし、刺身はワサビ醤油で食べたい。

韓国人がのり巻きや刺身をどう食べようと勝手だけど、俺達は俺達の食べ方がある。

それをお節介に、こっちの方が旨いから食べ方変えろなんて言われても困るわけ。

ホットドッグはアメリカから入ってきて日本でも定着しているし、なんで韓国風のホットドッグを食べなきゃいけないのって話になる。

本場アメリカのならまだしもね。

日本も韓国もホットドッグは本場じゃないわけだし。