発言する人間

彼らはこう言うだろう。「その場の空気を知らない人の意見は聞きたくない。
あなたたちもその場の空気に触れたら何も言えなくなる」と。

それは他の企業も然り、公務員も然り、民放も然り、政治家も然り。
天皇だけじゃないか、空気に縛られないのは。 歴代の天皇自身が 蟹通販人気「空気の支配」を押し進め「水を差すという元は良い意味だった行為を悪とした」張本人だろうから。 と、こういう発言する人間を明治以降の日本人は良くて村八分にしてきたからここに批判がくる事は分かって私も書いているわけだが。
批判している人はその批判が自分にかえってくる事に気付けない。 私は矛盾が好きなので「NHKのやり方は間違っている」が「彼らの気持ちも分かる」という現状だ。まあこれを「中途半端」「どっちつかず」と批判されるであろう事も織り込み済みで書いているが。 この問題はしばらく解決しないだろう。もしかしたら永遠に解決できないかもしれない。 だって彼らも日本人だから。 と、こう書くと「左翼か!?」と感情的にしか批判できない人が現れるもんだが。